クックパック

クックパックとは?

Answer.高齢者施設さま専用の完全調理済み食材です。

クックパックはクックチル(冷蔵保存)やクックフリーズ(冷凍保存)とは異なり、真空調理(調理方法)を採用しておりますので、一般的な調理済み食材とは調理方法が異なります。
少ない調味料でしっかりした味付けができます。だから、治療食も普通食と同じようにしっかりと召し上がっていただくことが可能です。

貴施設様の食事箋にあわせて必要な分量(販売価格)でご提供します

業界初

ヒアリングシートで簡単にお見積りできます。

朝食
クックパック朝食の写真 3皿構成も可能です クックパック朝食 3皿構成 3皿構成にしたメニュー クックパック朝食の写真  
昼食
クックパック昼食の写真 肉料理に差替え可能です 魚料理に差し替え可能です クックパック昼食 肉料理に差替え可能です 魚料理に差し替えたメニュー クックパック昼食の写真  
夕食
クックパック夕食の写真 肉料理に差替え可能です 肉料理に差し替え可能です クックパック夕食 肉料理に差替え可能です 肉料理に差し替えたメニュー クックパック夕食の写真  

※料理によっては適用外になります。

だれでもできる!盛り付けまでが超カンタン!

クックパックは温めてご提供するだけの簡単給食です。たったこれだけで給食業務のストレスから解放します! カンタン!

経験の少ない方でもカンタンに盛りつけができ、簡単&素早い運営がクックパックの特長です。
さらに安全で安心、さらに美味しいおかずが大人気の秘訣です。

湯煎(解凍)

湯煎(解凍)

湯煎もしくはスチコンで温めてください。冷菜は開封後、そのまま盛りつけてください。

バットに移す

バットに移す

開封した食材は、バットまたはボウルに移します。

盛りつける

盛りつける

用意されたお皿や食器に食材を盛りつけます。

完成!

完成!

ご飯やお味噌汁を準備してトレイメイクすれば完成!

クックパックだからできる大幅なコスト削減

給食業務には必ず存在する“空白の時間”

クックパックと再加熱機は空白の時間を埋めることが出来ます。さらに話題のニュークックチルにも対応!温かい食事を分刻みで提供できる保温機能付きで、ご利用者様にご好評いただいています。

50名で試算・作業の流れを比較
コストダウンに大活躍!再加熱機がおすすめです! 話題のニュークックチルにも対応!再加熱機でのご提供なら、更に美味しくいただけます!

再加熱機でクックパックがさらに美味しくいただけます。
温かい食事を分刻みで提供できる保温機能付きで、ご利用者様にご好評いただいています。

ここ!ポイント!
盛り付け
1、盛り付け
開封して冷蔵状態のまま食器に盛りつけます。
冷蔵状態なので、型崩れせず、簡単に盛り付けできます。
盛り付け後は、蓋かラップをしてください。
盛付け写真を参考にしてね!
機械にセット
2、機械にセット
盛り付け後に、シートパンごと再加熱機に入れてください。
加熱開始までは、細菌の繁殖を抑えるチルド温度帯(3℃)で保存されます。
女性に優しい少し低めの設計!
取り出し
3、取り出し
喫食前にタイマーで加熱が完了します。
加熱された食材を取り出します。
加熱工程は約50分で完了します。
熱いから気をつけてね!
トレイメイクして完成!
4、トレイメイクして完成!
アツアツの食材とご飯、お味噌汁をトレイメイクして完成!
温かい食事をお召し上がりください。
美味しそう!

盛り付け~トレイメイクまでをムービーで紹介

クックパックの動画
  • 温かい食事をいつでもご提供できます。
  • 保温機能もついています。喫食時間を分刻みで温かい食事をご提供することも可能です。
  • 冷蔵状態で盛り付けるので、熱くなくキレイに盛り付けできます。
  • 提供時間に追われることなく、空いた時間に盛付作業ができます。(チルド保存されます)
  • 朝食は前日に盛付けセットして退社するので、朝はご飯を用意するだけです。

調理後は全く手を触れない安全設計。衛生面に極めて優れたクックパック

クックパックだからできる美味しさと食の安全性の高さ。調理後は全く手を触れない安全な工程。だから安心!! カンタン!

袋内で加熱調理~急速冷却し配送しますので、加熱調理後に人の手が触れず衛生面で優れています。
また、真空にて加圧調理を行うので、低塩分で味がしみ込み、美味しくて美しい調理ができます。

クックパックの流れ 安心・安全で完成! 安心・安全で完成!
従来の流れ 衛生面の危険!